ボトックス注射の依頼が簡単【いろいろな治療に応用できる治療】

水着の人

初めての施術での注意点

医者

実績ある病院を探す

手軽にしわやたるみを改善できるとして、ボトックス注射は美容メニューの中でも人気があります。ボトックス注射とは、ボツリヌス菌が産生する毒素を注入し、神経を麻痺させ筋肉の動きを抑制させることで、筋肉の収縮によるしわを目立たなくするという施術方法です。また、打ち方によっては筋肉を細くできるので、えらのはった顔を小顔にすることもできます。ボトックス注射は、手軽にできて数日で効果が実感できるため、人気が高く多くの女性が施術を受けています。ただし、いくら手軽だといっても必ず成功するものではなく、まれに失敗も起こっています。たとえば、眉間に注射をしたら眉頭が下がって間抜けな表情になってしまったり、額に注射したら目が重たくなったりといったような失敗が見られます。このような失敗をさけるために、初めてボトックス注射を受けるという人は実績がある病院を探すことが大切です。症例数は病院のサイトで公開しているところもありますので、まずは確認してみましょう。サイトに掲載されていなければ、病院に問い合わせれば教えてくれることもあります。信頼できる医師から施術を受けることも重要なポイントです。信頼できるかどうかは、カウンセリング時の対応で判断できるでしょう。施術内容についてリスクもふくめてきちんと説明してくれ、疑問点や質問にわかりやすく答えてくれるところがおすすめです。ろくに話を聞いてくれなかったり、治療をやたらにすすめてきたりするところは止めて、他を探した方が良いでしょう。また、カウンセリングの際はどのような状態になりたいかを明確に伝えましょう。自然な感じでしわを薄くしたいのか、少し不自然になってでもしわをきれいに無くしてほしいのかで薬剤の量などが変っていきます。美容整形外科によって多少異なりますが、ボトックス注射の流れは基本的には次のようになります。まずはカンセリングを行います。カウンセリングでは、どの部位にボトックス注射をしたいのか、どんな状態になることを希望しているかが確認されます。またボトックス注射をするメリットやリスク、料金などの説明があります。話を聞いてみてやっぱり受けたくないと思えば、もちろんやめても構いません。治療を受けることに決めたら、まずは丁寧に施術部位の診察を行います。異常が無く注射をしても大丈夫なようであれば、部位の消毒です。その後に麻酔テープをはったり、麻酔クリームを塗布したりして、効いてくるまでしばらく待機となります。効いてくるまでは20分から30分ほどかかりますので、施術当日は時間の余裕を見ておくと良いでしょう。麻酔が効いてきたら、極小の針を使って施術を希望する部位にゆっくりと薬剤を注入していきます。手鏡で状態を確認させてくれる病院もあります。施術時に痛みを感じることはほとんどありませんので、痛みに弱い人でもあまり心配する必要はないでしょう。施術にかかる時間は10分から20分程度です。施術完了後は待合室に戻ります。会計で費用を清算したら、そのまま帰宅が可能です。すぐにメイクをしても問題ありませんが、注射した部位を強くこすらないように気をつけるようにしましょう。また施術当日は、アルコールの摂取や汗をかくような激しい運動、サウナなどは避けた方がいいでしょう。施術部が赤く腫れるといったことはほとんどありません。